Welcome Guest -  Home > QRコード・バーコード > QRコード(QR Code) > バーコードとは /What''s barcode
メニュー
アクセスカウンタ
今日 : 7979
昨日 : 118118118
総計 : 222003222003222003222003222003222003
モバイル用サイト
トップ  >  QRコード(QR Code)  >  バーコードとは /What''s barcode
バーコードとは、太さが異なる数本の縦縞の線によって、文字や数字、記号などの情報を表示できるコードでる。このバーコードを専用スキャナーで読み取ることによって入力作業の簡素化を図ることが可能である。

バーコードは、統一商品コードといわれる商品の流通情報をリアルタイムに把握するPOS(販売時点情報管理)システムで使われるコードが一般的で、日本が"JANコード(ジャンコード)"、ヨーロッパが"EAN"、北米が"UPC"である。
また、物流を中心とした独自の用途で使用される"ITFコード"、"CODE39"、"CODE128"、"NW-7"などが使われている。また郵便事業ではカスタマバーコードなどが使われる。

バーコードの作成は、JIS規格書「JIS X0507」に定められており、JANシンボルは基本寸法(横3.73cm、縦2.66cm)の0.8倍から2.0倍まで縮小・拡大できる。シンボルの左右の余白部分も含めて倍率を変更することが可能である。
JANシンボルの刷り色は白地に黒いバーが最も良いとされるが、黒白以外の色も使うことができます。また、黒字に白の反転も可能である。ただし、赤系の色のバーは、通常のバーコードリーダーが光(赤色光線を使用)の反射率の差で読み取りを行うで読み取りしにくいい為利用できない。
表示場所はある程度平坦な面を選ぶ必要もある。

また、JANコードにはチェックデジット呼ばれる数字を付与し、コードの入力ミスや設定ミスを防止している。
しかしながら、流通を中心としたバーコードの利用は、完全なチェックができない為(読み取りが間違っていいても分からない為)、平面上のドットの配置によって情報を記録するタイプの記録方法で"2次元バーコード"に移行している。2次元バーコードの代表的な規格としてはQRコードがある。


統一商品コードは国番号(フラグ)2または3桁、メーカーの番号(メーカーコード)5桁または7桁、品物の番号(アイテムコード)5桁または3桁、間違い防止の番号(チェックデジット)1桁で出来ていて、全ての商品に異なった番号を付けることになっている。

日本が1978年に国際EAN協会に加盟した際、国番号として49を割り当てられたが、1992年に国際EAN協会から新たに45が付与され、現在では2つの国コードを持っている。

JANコードには、標準タイプ(13桁)と短縮タイプ(8桁)の2種類が存在する。さらに、標準タイプには、最初の7桁がJANメーカーコードとなっているものと、9桁(国番号2桁+メーカーコード7桁)がJANメーカーコードとなっているものに分けられる。2001年1月以降に申請した事業者には、原則として9桁のメーカーコードが付番貸与されている。9桁メーカーコード1つで、999アイテムまで付番することができる。

JANコードを登録申請するときは、一般財団法人流通システム開発センターで販売されている「JAN企業(メーカー)コード利用の手引き」を入手した上で、その巻末の登録申請書を使用して申請を行う。約10日 - 2週間後にJANメーカーコードが付番貸与される。
', '', 'バーコードとは、太さが異なる数本の縦縞の線によって、文字や数字、記号などの情報を表示できるコードでる。このバーコードを専用スキャナーで読み取ることによって入力作業の簡素化を図ることが可能である。

バーコードは、統一商品コードといわれる商品の流通情報をリアルタイムに把握するPOS(販売時点情報管理)システムで使われるコードが一般的で、日本が"JANコード(ジャンコード)"、ヨーロッパが"EAN"、北米が"UPC"である。
また、物流を中心とした独自の用途で使用される"ITFコード"、"CODE39"、"CODE128"、"NW-7"などが使われている。また郵便事業ではカスタマバーコードなどが使われる。

バーコードの作成は、JIS規格書「JIS X0507」に定められており、JANシンボルは基本寸法(横3.73cm、縦2.66cm)の0.8倍から2.0倍まで縮小・拡大できる。シンボルの左右の余白部分も含めて倍率を変更することが可能である。
JANシンボルの刷り色は白地に黒いバーが最も良いとされるが、黒白以外の色も使うことができます。また、黒字に白の反転も可能である。ただし、赤系の色のバーは、通常のバーコードリーダーが光(赤色光線を使用)の反射率の差で読み取りを行うで読み取りしにくいい為利用できない。
表示場所はある程度平坦な面を選ぶ必要もある。

また、JANコードにはチェックデジット呼ばれる数字を付与し、コードの入力ミスや設定ミスを防止している。
しかしながら、流通を中心としたバーコードの利用は、完全なチェックができない為(読み取りが間違っていいても分からない為)、平面上のドットの配置によって情報を記録するタイプの記録方法で"2次元バーコード"に移行している。2次元バーコードの代表的な規格としてはQRコードがある。


統一商品コードは国番号(フラグ)2または3桁、メーカーの番号(メーカーコード)5桁または7桁、品物の番号(アイテムコード)5桁または3桁、間違い防止の番号(チェックデジット)1桁で出来ていて、全ての商品に異なった番号を付けることになっている。

日本が1978年に国際EAN協会に加盟した際、国番号として49を割り当てられたが、1992年に国際EAN協会から新たに45が付与され、現在では2つの国コードを持っている。

JANコードには、標準タイプ(13桁)と短縮タイプ(8桁)の2種類が存在する。さらに、標準タイプには、最初の7桁がJANメーカーコードとなっているものと、9桁(国番号2桁+メーカーコード7桁)がJANメーカーコードとなっているものに分けられる。2001年1月以降に申請した事業者には、原則として9桁のメーカーコードが付番貸与されている。9桁メーカーコード1つで、999アイテムまで付番することができる。

JANコードを登録申請するときは、一般財団法人流通システム開発センターで販売されている「JAN企業(メーカー)コード利用の手引き」を入手した上で、その巻末の登録申請書を使用して申請を行う。約10日 - 2週間後にJANメーカーコードが付番貸与される。
', 'xcode|smiley|nl2br', 'バーコード barcode 1次元 JANコード EAN UPC ITFコード CODE39 CODE128 NW 7', 'array (
)', NULL, 'バーコードとは /What''s barcode. バーコードとは、太さが異なる数本の縦縞の線によって、文字や数字、記号などの情報を表示できるコードでる。このバーコードを専用スキャナーで読み取ることによって入力作業の簡素化を図ることが可能である。バーコードは、統一商品コードといわれる商品の流通情報をリアルタイムに把握するPOS(販売時点情報管理)システムで使われるコードが一般的で、日本が"JANコード(ジャンコード)"、ヨーロッパが"EAN"、北米が"UPC"である。また、物流を中心とした独自の用途で使用される"ITFコード"、"CODE39"、"CODE128"、"NW-7"などが使われている。また郵便事業ではカスタマバーコードなどが使われる。バーコードの作成は、JIS規格書「JIS X0507」に定められており、JANシンボルは基本寸法(横3.73cm、縦2.66cm)の0.8倍から2.0倍まで縮小・拡大できる。シンボルの左右の余白部分も含めて倍率を変更することが可能である。JANシンボルの刷り色は白地に黒いバーが最も良いとされるが、黒白以外の色も使うことができます。また、黒字に白の反転も可能である。ただし、赤系の色のバーは、通常のバーコードリーダーが光(赤色光線を使用)の反射率の差で読み取りを行うで読み取りしにくいい為利用できない。表示場所はある程度平坦な面を選ぶ必要もある。また、JANコードにはチェックデジット呼ばれる数字を付与し、コードの入力ミスや設定ミスを防止している。しかしながら、流通を中心としたバーコードの利用は、完全なチェックができない為(読み取りが間違っていいても分からない為)、平面上のドットの配置によって情報を記録するタイプの記録方法で"2次元バーコード"に移行している。2次元バーコードの代表的な規格としてはQRコードがある。統一商品コードは国番号(フラグ)2または3桁、メーカーの番号(メーカーコード)5桁または7桁、品物の番号(アイテムコード)5桁または3桁、間違い防止の番号(チェックデジット)1桁で出来ていて、全ての商品に異なった番号を付けることになっている。日本が1978年に国際EAN協会に加盟した際、国番号として49を割り当てられたが、1992年に国際EAN協会から新たに45が付与され、現在では2つの国コードを持っている。JANコードには、標準タイプ(13桁)と短縮タイプ(8桁)の2種類が存在する。さらに、標準タイプには、最初の7桁がJANメーカーコードとなっているものと、9桁(国番号2桁+メーカーコード7桁)がJANメーカーコードとなっているものに分けられる。2001年1月以降に申請した事業者には、原則として9桁のメーカーコードが付番貸与されている。9桁メーカーコード1つで、999アイテムまで付番することができる。JANコードを登録申請するときは、一般財団法人流通システム開発センターで販売されている「JAN企業(メーカー)コード利用の手引き」を入手した上で、その巻末の登録申請書を使用して申請を行う。約10日 - 2週間後にJANメーカーコードが付番貸与される。
プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:43 平均点:8.60
前
QRコードを自動生成表示autoQRcode.html
カテゴリートップ
QRコード(QR Code)
次
iQRコード(i QR Code)

バーコード barcode 1次元 JANコード EAN UPC ITFコード CODE39 CODE128 NW 7 POSコード posシステム system

楽天市場
サイト内検索
QRコード作成
データ
エラー訂正レベル
バージョン
モジュールサイズ
カラー
画像タイプ

 
バーコード作成
データ
バーコードタイプ
Bar Width
Bar Height
Wide to Narrow x2 x3
画像タイプ
ラベル? はい いいえ
反転? はい いいえ
チェックデジット? はい いいえ
回転?

 
[広告]e-shopsカート2のバスケットQR

e-shopsカート2のバスケットQR

Presented by  YuChiKo Create Company © 2002-2013