Welcome Guest -  Home
メニュー
アクセスカウンタ
今日 : 8383
昨日 : 144144144
総計 : 138796138796138796138796138796138796
モバイル用サイト
QRコードとは /What''s QRcode
QRコードとは、マトリックス型二次元コードの一種。
いままでの「バーコード」は"数字"、"英文字(アルファベット)"、"記号"しか扱えなかったのに対し、「QRコード」では、”漢字・かな”を扱うことが出来る。
白と黒の格子状のパターンで情報を表す。なお、QRコードという名称(および単語)は同デンソーウェーブの登録商標となっている。

QRはQuick Responseに由来し、高速読み取りができるように開発され、当初自動車部品の製品管理や物流関係を中心に普及した。
その後、J-PHONEのカメラ付携帯電話"J-SH09"にQRコードの読み取り機能がついたのをきっかけに、爆発的な広がりを見せた。

現在では、日本では最も普及している二次元コードで、ウェブサイトや携帯端末向けウェブサイトのURLやメールアドレスを記録したQRコードを印刷・表示し、これらサイトへのアクセスを容易にすることや、個人データを格納したQRコードを名刺に印刷し、携帯電話機のアドレス帳登録を容易にすることが可能となった。

最新(2004年11月20日改定)のJIS規格書(JIS X0510)の「適合条件」の中では、新規用途またはオープンシステム用途にあってはQRコードシンボルのモデル1は推奨されないシンボル形式となっているため、ここではQRコードシンボルのモデル2について記述する。

モジュール (Module)


QRコードのシンボルを構成する最小の単位セル。モジュールの大きさは型番により決定され、データの1ビットが1モジュールに相当する。

型番(Version)


1から40の番号で表されるシンボルの大きさ。最小は「型番1」の21×21モジュールで、最大は「型番40」の177×177モジュール。
誤り訂正レベル (Error Correction Level)
QRコードに汚れなどがあっても正確に読み取れるように、読み取り不能や読み取り間違いのモジュールを 修正するために付けられる誤り訂正語のデータ語に対する割合。下記の4レベルがある。

* レベルL - コード語の約7%が復元可能
* レベルM - コード語の約15%が復元可能
* レベルQ - コード語の約25%が復元可能
* レベルH - コード語の約30%が復元可能

モード (Mode)


QRコードの中に定義される文字列の表示方法を表す。一般的にはよく使われるモードは、数字データモード、 英数字データモード、8ビットバイトデータモード、漢字データモードの4つと、その4つを組み合わせた 混合モードである。

モード指示子 (Mode Indicator)


次のデータ文字列がどのモードで符引化されるかを示す4ビットの識別子

文字数指示子 (Character Count Indicator)


モードの中でデータ文字列の長さを定義するビット列

マスクパターン参照子 (Mask Pattern Reference)


シンボルに適用されるマスク処理パターンのために使用するビットの識別子。

マスク処理 (Masting)


QRコードを読み取り易くするために行う処理。マスク処理パターンは8種類用意されており、その中で最も、 明モジュールと暗のモジュール数を均一化し、画像の高速処理の障害となるパターンの発生が抑えられるマスクを採用する。 マスク処理は、符号化領域のビットパターンとマスク処理パターンをXOR(排他的論理和)する。

コード語 (Code Word)


実際QRコードで読み取りたいデータが書き込まれたデータ。

誤り訂正語 (Error Correction Word)


QRコードに汚れなどがあってもデータ語を正確に読み取れるように、読み取り不能や読み取り間違いのモジュールを 修正するために余分に付けられるビット。誤り訂正語はデータ語から計算して作成される。

埋め草コード語 (Pad Code Word)


空のコード語位置を埋める目的で使用するデータを示さない仮のコード語。 コード語の数がシンボルの容量に満たない場合に使用される。

埋め草ビット(Padding Bit)


データビット列の終端パターンの後にある最終コード語の空の位置を埋める目的で使用するデータではないゼロのビット。

残余ピット (Remainder Bit)


符号化領域が8ビットのシンボル文字で割り切れない場合に,最終シンボル文字の後にあるシンボル符号化領域の 空の位置を埋める目的で使用されるデータではないゼロのビット。

残余コード語 (Remainder Code Word)


データ及び誤り訂正コード語の総数が,シンボルの容量を満たさない場合に、シンボルを完成させるために 空のコード語位置を埋めるために使用する埋め草コード語。

終端パターン (Terminator)


データの終りを表すビット列。データの最後に使用し、0000のビット列になる。
楽天市場
サイト内検索
QRコード作成
データ
エラー訂正レベル
バージョン
モジュールサイズ
カラー
画像タイプ

 
バーコード作成
データ
バーコードタイプ
Bar Width
Bar Height
Wide to Narrow x2 x3
画像タイプ
ラベル? はい いいえ
反転? はい いいえ
チェックデジット? はい いいえ
回転?

 
[広告]e-shopsカート2のバスケットQR

e-shopsカート2のバスケットQR

Presented by  YuChiKo Create Company © 2002-2013